今夜、新機種「OVERTURE」ICS SHOPへ登録します!

このブログ記事のタイトルに「新機種」と書きましたが、「OVERTURE」は「GEOMETRY DRIVE」の兄弟モデルとなります。


きっかけはある日、「GEOMETRY DRIVE」最初期のプロトタイプを見付け、音を出してみた所、今の「GEOMETRY DRIVE」とは異なる音であった上に、素直にかっこいいと思えた事です。


「GEOMETRY DRIVE」は、本当にありがたい事にとても人気があり、特徴は複数台所有の方が非常に多い事です。

「GEOMETRY DRIVE」を購入していただいた50%位の方は複数台所有です。

また1番多い方は6台持っていたりします(  ̄▽ ̄)


複数台所有の方が多い「GEOMETRY DRIVE」

どうせなら同じものより、バリエーションモデルも用意させていただいて、選択肢の幅を広げようと思いました。


まず、「GEOMETRY DRIVE」最初期のプロトタイプを、再度、今の作りで製作してみました。(上画像)



そこから検討し、再度プロトタイプを製作↓

「GEOMETRY DRIVE」最初期のプロトタイプの音に、今の自分のエッセンスを加えました。


「GEOMETRY DRIVE」との違いは、「GEOMETRY DRIVE」に比べ低域が充実しています。

またクリッピングにゲルマニウムダイオードを使用していますので、トップエンドにマイルドな印象があります。



ここから、今夜、ICS SHOPに登録する、出荷台数250台突破記念「OVERTURE SP URE」を紹介します!


わたるさんによるウレタン塗装。


とても和な雰囲気を醸し出しています。


今回、記念限定モデルなので、中身はよりハイグレードな部品チョイスとなっております。

抵抗で見ますと、CC抵抗とPRPの組み合わせに加え、今回は直列抵抗に「ニッコーム」をチョイスしています。


コンデンサーにつきましては、用途に応じて、積層セラミック、OS CON、Wima、MKT1813、MKT1826を使用しています。


オペアンプは、お気に入りのハイエンドオペアンプ「MUSE 8920」


ポイント・トゥ・ポイント(PTP)で組まれていますが、音質的な事ではなく、PRP、ニッコームを使うために、用意しているプリント基板では無理なのでPTPで組みました。


そしてICSマニアの方には見逃せないポイントはここだと思います。

「シリアル1番です」


通常モデルとなって量産されるのは、早くても11月後半だと思いますので、1ヶ月以上「OVERTURE」をただ1人堪能できます(  ̄▽ ̄)


今回の価格は、消費税、送料込みで21800円となります。

(通常品は18800円を予定しております)


今夜21時以降に登録いたしますので、是非よろしくお願いいたします!m(_ _)m



ICS FACTORY

ハンドメイドエフェクターブランド「ICS FACTORY」のHPです。

0コメント

  • 1000 / 1000